臥牛窯


煎茶急須「さがの」




臥牛窯代表の横石次郎が答える!
煎茶急須「さがの」とは?

デザインのモチーフや特徴
嵯峨野。風のない水辺の薄を表しています。むさしのの「動」に対して「静」を表す模様として、すっきりしたイメージがありとても人気があります。

使いみち
一般的な煎茶をいれる時に使用する急須です。お好みによっては湯さましを使って温度を調整したりしますが、最近はポット自体に温度調整機能が付いたものがあります。お湯を入れたい量によってサイズを選んでください。

オススメなご利用者様
家庭でお茶を楽しむことが多い日本では、殆どの家庭に備えてあると思います。臥牛窯の急須はロクロで挽いた4つのパーツ(本体・取っ手・注ぎ口・蓋)により作られています。茶漉しの穴も職人が手作業で空けたもこだわりの急須です。

使い処
家族で食事中やお客様の接待中に使うことが多いと思います。完全手作りのこだわりの急須で心豊かな時間を過ごしていただけたら幸いです。

サイズ
重量:280グラム
容量:270ミリリットル(程度)
(大) 径:7.3センチ、全高:8.3センチ(注ぎ口から直線で12.5cm)


ご購入は以下よりお願いいたします。

只今、在庫がありません。


        

商品案内

手提げ袋が必要な方へ

手提げ袋が必要な方へ

窯元ぎゃらりい

佐世保市木原町1897-1
Tel.0956-30-8653
毎週水曜定休日
営業時間 9:00〜17:00